1. トップページ
  2. まごころレシピ
  3. 季節のごはんにチャレンジ(揚げ焼き鶏のっけごはん)

季節のごはんにチャレンジ

炊飯専用土鍋「かまどさん」で作る 揚げ焼き鶏のっけごはん

炊飯専用土鍋「かまどさん」で作る 揚げ焼き鶏のっけごはん

直径約23cm 深さ約10cmの炊飯専用土鍋を使用した場合

炊飯専用土鍋について
炊飯専用土鍋

材料(4人分)

2合
360ml
ニンジン
40g
ホウレン草
120g
鶏モモ肉(25g)
12切
しょうゆ・酒
各小さじ2
片栗粉
適量
シメジ
100g
ニンニク(みじん切り)
小さじ1/2
ショウガ(みじん切り)
小さじ1/2
サラダ油
適量

調味料(a)

鶏がらだし粉末
小さじ1
パプリカパウダー
小さじ1
小さじ1/2
バター
10g

調味料(b)

合わせ味噌
大さじ2
スイートチリソース
40g
鶏がらだし粉末
小さじ1/5
大さじ2
砂糖・しょうゆ
各小さじ1
米の下準備について

揚げ焼き鶏のっけごはんの作り方

  • 手順1

    米は洗ってザルに上げ、かまどさんに入れて、分量の水に20分以上浸します。

  • 手順2

    ニンジンは4〜5cm長さのせん切りにします。
    ホウレン草も4〜5cm長さに切ります。

  • 手順3

    炊く直前に1に(a)を加えます。
    中ブタをし、その上にラップで包んだニンジンをのせ、上ブタをして炊きます。

    蒸気の出る穴は、ふさがないようにしましょう。

    手順3
  • 手順4

    蒸らしの時に、ラップで包んだホウレン草を中ブタの上にのせ、火を通します。

    中ブタの穴から出ている蒸気に気をつけましょう。
    ラップは耐熱温度の高いものをお使い下さい。

    ホウレン草は水にとります。

    手順4
  • 手順5

    鶏モモ肉にしょうゆ、酒を加えてもみこみ、しばらくおき、片栗粉をまぶします。
    シメジは石づきを取って、小房に分けます。
    フライパンに多めの油を入れ、鶏肉を揚げ焼きにします。
    鶏肉を取り出して余分な油を捨て、シメジを焼いて取り出します。

  • 手順6

    5のフライパンに、ニンニク、ショウガを入れて弱火で炒め、香りが出れば、(b)を加えてなじませ、火を止めます。

  • 手順7

    器にごはんを盛り、ニンジン、ホウレン草、5をのせ、6をかけます。

「炊飯専用土鍋」炊き方と火加減

2合炊きする時の火加減の目安 ※「白ごはん」「炊き込みごはん」のいずれも同じ要領で炊いていただけます。

START 13〜15分
中強火
蒸らし約20分
※火を止める目安は上ブタの穴から湯気が噴出し始めてから1〜2分後です。
FINISH

他の鍋で炊くときの火加減を見る

  • ル・クルーゼ
  • 炊飯専用鍋
  • 土鍋
  • 炊飯専用鍋
  • 圧力鍋
  • 多層鍋
  • フライパン
  • 文化鍋
  • ホーロー鍋
  • アルミ鍋
まごころレシピ一覧へ戻る

かまど炊きごはんのおいしさを再現 ガス炊飯器「直火匠」
ページトップへ戻る