1. トップページ
  2. まごころレシピ
  3. 季節のごはんにチャレンジ(らくらくビビンバ)

季節のごはんにチャレンジ

炊飯専用土鍋「かまどさん」で作る らくらくビビンバ

直径約23cm 深さ約10cmの炊飯専用土鍋を使用した場合

炊飯専用土鍋について
炊飯専用土鍋

材料(6人分)

3合
600ml
豆モヤシ
200g
ニンジン
60g
ホウレン草
150g
牛モモ肉(薄切り)
300g
キムチ
200g
温泉卵
6コ
韓国のり
6枚
ゴマ油
適量

【a】

小さじ1/2
大さじ2

【b】

ゴマ油
大さじ2
すりゴマ(白)
大さじ2
ニンニク(すりおろし)
小さじ2
小さじ1/2

【c】

濃口しょう油
大さじ2
砂糖
大さじ2
大さじ2
ニンニク(すりおろし)
小さじ1
すりゴマ(白)
大さじ1・1/2
一味唐辛子
少々
米の下準備について

らくらくビビンバの作り方

  • 手順1

    米は洗ってザルに上げ、かまどさんに入れて分量の水に20分浸します。

  • 手順2

    ニンジンは4〜5cm長さのせん切りにします。ホウレン草も4〜5cm長さに切ります。

  • 手順3

    1に(a)を加え、根を取って食べやすい長さに切った豆もやしをのせて中ブタをします。その上にラップで包んだニンジンをのせ、上ブタをして炊きます。

    蒸気の出る穴は、ふさがないようにしましょう。

  • 手順4

    蒸らしの時に、ラップで包んだホウレン草を中ブタの上にのせ、火を通します。

    中ブタの穴から出ている蒸気に、気をつけましょう。
    中ブタがない場合は、ニンジン、ホウレン草は茹でます。
    ラップは耐熱温度の高いものをお使いください。

  • 手順5

    蒸らしが終われば豆モヤシ、ニンジン、ホウレン草を取り出し、それぞれを(b)の1/3量ずつで合えます。

  • 手順6

    フライパンにゴマ油を熱し、細切りの牛肉を炒めて(c)を加えます。

  • 手順7

    器にごはんを盛り、56、キムチ、温泉卵をのせ、ちぎった韓国のりを散らします。

「炊飯専用土鍋」炊き方と火加減

3合炊きする時の火加減の目安 ※「白ごはん」「炊き込みごはん」のいずれも同じ要領で炊いていただけます。

START 13〜15分
中強火
蒸らし約20分
※火を止める目安は上ブタの穴から湯気が噴出し始めてから1〜2分後です。
FINISH

他の鍋で炊くときの火加減を見る

  • ル・クルーゼ
  • 炊飯専用鍋
  • 土鍋
  • 炊飯専用鍋
  • 圧力鍋
  • 多層鍋
  • フライパン
  • 文化鍋
  • ホーロー鍋
  • アルミ鍋
まごころレシピ一覧へ戻る

かまど炊きごはんのおいしさを再現 ガス炊飯器「直火匠」
ページトップへ戻る