土鍋でごはんにチャレンジ

土鍋でおかずレシピ

土鍋

欧風サンゲタン

欧風サンゲタン

この料理のポイント!

詰めていく野菜類は、椎茸やセロリなどエキスが出るものを選んで下さい。エストラゴンは多めに入れ、風味を利かせましょう。
味付けは塩コショウのみで、中に詰める野菜類、若鶏の両方にしっかりと味を付けておきます。弱火でゆっくり煮て、野菜や鶏肉からじっくりとエキスを引き出します。

材料(4人分)
若鶏(800g程度のもの) 1羽 大さじ2・1/2
ニンジン 1/2本 コショウ 少々
大根 5cm長さ 餅米 1/2カップ
セロリ 1本 1.5リットル
生椎茸 3個 ポワロー 10cm
ニンニク 2片 タマネギ 1/4個
エストラゴン 適量 クレソン 1束
「欧風サンゲタン」の作り方

材料の下準備

  1. 内臓などを処理した若鶏は、中をよく洗います。
  2. 餅米はサッと洗い、水に30分ほど浸しておきます。
  3. 野菜類は全て皮をむき、一口大に切っておきます。
  4. ニンジン、大根、セロリ、生椎茸に塩大さじ1/2とコショウをふり、しっかりと揉んでおきます。
  5. 土鍋で炊く

  6. ニンジン、大根、セロリ、生椎茸とニンニク、餅米を、若鶏に詰めます。
  7. 香り付けにエストラゴンを入れ、爪楊枝などでしっかり閉じます。
    若鶏の表面に、大さじ2の塩とコショウ少々をまぶし、しっかりと下味を付けておきます。
  8. 土鍋に水と2、ポワロー、タマネギと野菜類を入れ、強火にかけます。
  9. 沸騰したら、弱火にし、2時間ほどコトコトと煮ます。
  10. クレソンを加え、しんなりしてきたらできあがりです。
    ※スープはそのままいただきます。中の野菜や鶏肉はコチュジャンなどの薬味をつけて
    食べるとおいしいです。
Photo Photo
レシピ出典:ボブとアンジー

土鍋を使ったレシピ一覧へ戻る


かまど炊きごはんのおいしさを再現 ガス炊飯器「直火匠」
ページトップへ戻る