1. トップページ
  2. まごころレシピ
  3. 季節のごはんにチャレンジ(焼き鯛ちらし)

季節のごはんにチャレンジ

ひなまつりを祝う 焼き鯛ちらし

焼き鯛ちらし

HARIO「フタがガラスのご飯釜」3合用を使用した場合

HARIO「フタがガラスのご飯釜」

HARIO「フタがガラスのご飯釜」

材料(4人分)

2合
400ml
昆布
5cm角1枚
鯛(100g)
2切れ
茹でタケノコ
100g
キヌサヤ
12枚
桜でんぶ
適量
塩・酒
各適量

合わせ酢

米酢
大さじ5
砂糖
大さじ3
小さじ1

調味料(a)

出し汁
100ml
淡口しょうゆ
小さじ2
みりん
小さじ1
米の下準備について

「焼き鯛ちらし」の作り方

  • 手順1

    米は洗ってザルに上げ、「フタがガラスのご飯釜」に入れ、分量の水と昆布を入れて約30分以上浸します。

    手順1
  • 手順2

    昆布を取り出し、フタをして炊きます。

    フタのツマミにホイッスルがついているため、音で炊き上がりを知ることができます。

    手順2
  • 手順3

    炊き上がれば合わせ酢を加えて寿司飯を作ります。

    手順3
  • 手順4

    鯛は塩、酒をふりかけてしばらくおき、水気を拭いてグリルで焼きます。
    片面焼き 強火で約5分、裏返して約5分
    両面焼き 上下強火で約8分

    手順4
  • 手順5

    タケノコは薄切りにし、(a)で煮て冷まします。
    キヌサヤは筋を取り、塩を加えた熱湯で茹でて冷水に取ります。
    斜め半分に切り、タケノコの煮汁に一緒に浸けます。

  • 手順6

    骨を除いて大きめにほぐした4、水気を切った筍を3に混ぜて器に盛り、キヌサヤ、桜でんぶを散らします。

HARIO「フタがガラスのご飯釜」炊き方と火加減

2合炊きする時の火加減の目安 ※「白ごはん」「炊き込みごはん」のいずれも同じ要領で炊いていただけます。

START 約8〜10分
強火※ホイッスルが鳴るまで
蒸らし約15分 FINISH(計約23〜25分)

他の鍋で炊くときの火加減を見る

  • ル・クルーゼ
  • 炊飯専用鍋
  • 土鍋
  • 炊飯専用土鍋
  • 圧力鍋
  • 多層鍋
  • フライパン
  • 文化鍋
  • ホーロー鍋
  • アルミ鍋
まごころレシピ一覧へ戻る

かまど炊きごはんのおいしさを再現 ガス炊飯器「直火匠」
ページトップへ戻る