1. トップページ
  2. まごころレシピ
  3. 白ごはんにチャレンジ(圧力鍋)
圧力鍋

「圧力鍋」で炊くときの注意点

  • 圧力鍋で炊いたごはんは他の鍋に比べ、
    もちっとした食感になります。
  • 圧力鍋の場合、浸水せずに炊くことができます。浸水をすると圧力がかかるまで蒸気が足りず焦げる場合があります。
  • ごはんがグレーになることがあります。これは米に圧力がかかることによって、米のアルファ化より先にごはんが炊きあがり、起こる現象です。味や栄養に問題はありません。

気温・水温・鍋の厚みなどにより火力や加熱時間は微妙に変化します。
炊き込みご飯の場合も白米と同じ火加減・加熱時間で炊き上げることができます。

お持ちの圧力鍋によって使用方法が異なります。ご注意ください。

圧力鍋について

米の下準備



たっぷりの水を入れたボウルに米を入れます。

米の量り方

手で米を回して水が白くにごれば水を捨てます。
2〜3回水を変えながら手早く洗います。

※1回の水洗いに時間をかけると、ぬかの匂いが水と一緒に米に吸収され、ご飯がぬか臭くなります。

水を捨てた後、米の粒をすり合わせるようにサクサクと音をさせながらとぎます。
さらに水を変えて洗い、水が澄んだ感じになるまで水を変えながら1〜2回洗います。

※ゴシゴシ洗うと米の表面に傷がついたり、米が割れてしまうので、べたついた炊き上がりや炊きムラの原因になります。

ザルに米を上げて、軽く水気を切ります。


米を圧力鍋に入れ、米と同量の水(3合の場合540ml)を加えてフタをし、炊きます。

※炊き上がり後、鍋の中の余分な水分を飛ばすためにすぐにふたを開け、切るように混ぜましょう。

水の量り方

「圧力鍋」炊き方と火加減

3合炊きする時の火加減の目安 ※「白ごはん」「炊き込みごはん」のいずれも同じ要領で炊いていただけます。

START 約7分

※圧力表示が上がってくるまで強火
低圧約5分
弱火
※さらに早く炊きたい方は高圧約3分
蒸らし約10分 自然放置 ※圧力表示が完全に下がるまで待ちます
自然放置
圧力表示が完全に下がるまで待ちます
FINISH
まごころレシピ一覧へ戻る

かまど炊きごはんのおいしさを再現 ガス炊飯器「直火匠」
ページトップへ戻る